千代田区飯田橋の行政書士岩戸事務所 所長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 初午は火災予防

<<   作成日時 : 2014/02/04 06:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

全国に多くある稲荷神社の祭に行く日である。さて

関東「お稲荷さん」参りは茨城県笠間稲荷であろう。

この笠間 (平成の大合併で友部町と合併、現笠間市)

は茨城県中部で明治22(1889)年に現在の水戸線が

開通した。また同年首都東京は街づくり中であった。

前年公布された「東京市区改正条例」に基づき道路、

河川、橋梁、鉄道、公園、魚市場、獣蓄市場、屠場、

火葬場、墓地、上下水道を決定、告示した。現在の

公共入札参加の基本土木系業種である。すなわち、

現在流にいえばインフラ整備である。新政府の都市

計画、というと体裁はいい。しかし、実際は明治5

(1872)年2月「東京大火」が原因である。当火災は、

新橋、京橋、木挽町(現銀座歌舞伎座附近)の4,800

戸を焼いた、という。この復興事業時東京府知事布達

「火災予防のため煉瓦造家屋に改造すること、道路を

馬車道、人道に区分し、その境界に植樹すること」(尚

カナ文字は平仮名にした)とある。この布達で、登場

したのが今は無き銀座煉瓦街、石ビルと道路脇の柳

である。煉瓦(レンガ)、石の建築物、工作物組合は

成り立ちが早い。今、ホントの職人は足りるかいるか。




トラッキング火災予防 セフティピック 8個セット
大和ネットサービス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トラッキング火災予防 セフティピック 8個セット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
RSS表示パーツ
初午は火災予防 千代田区飯田橋の行政書士岩戸事務所 所長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる