指定のレシピ

高級な料理店は特定と一般のシェフもいる。また各

営業所でお店の品書きである業種が異なる。特定の

シェフが作れる味付け中で特に技術知識必要な調理

業種を、いつの間にか 公共である客の多くが指定

した。業法第15条第2号のただし書きで、述べる

政令第5条の2「指定建設業」である。土木、建築、

電気、管、鋼構造物、舗装、造園各工事業の7つは

いい。この定められた理由は、施工技術上の総合性、

施工技術の普及状況、「その他の事情」を勘案して、

と解釈されている。続けて「その他の事情」とは、

建設工事の公共性、社会的な要請、国家資格の充足

度等をいう、とある。公共性、社会的な要請という

表現は「うまい」である。これに、シェフは問う。

「お客様、どのように、うまいのですか?」さて、

「国家資格の充足度程度にうまい」と答えるのか。

しかし昭和62 (1987) 年導入の「指定建設業」

制度生まれの客26歳現場監督がいう。「国家資格は

変化充足されていますかね」シェフは「等」で法令

は間違ってはいない趣旨を答える。レシピ通り調理

作法である。「今風味のチョッピリ研修」と客がいう。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0