下請契約制限の根拠

契約という約束は、野球でいえば、ブロックサイン

でも不思議ではない。足場組立工事を見つつ思う。

職人が唄って踊るエグザイルのようだ。まさに請負

「組」にふさわしい。各工事に附帯する「鳶」だ。

このような専門「組」を作って各一式や特定で特に

重要な特上の「指定」の下で、力量に合った経営や

技能を行えばいい。業法第16条は発注者直接請負

を述べている。そして、発注者からその工事を受注

した建設業者は1契約現場の下請総額が3,000

(建築工事業4,500) 万円以上の金額となる場合

は各々の下請負業者と後述する4通りの約款付標準

契約のうち、下請契約書+約款(以下、下請契約)を、

締結しなければならない。尚許可行政庁として特定

許可申請を最初の元請が行うときである。つまり、

その元請と第一次下請との下請契約まで、である。

その下である第二次下請以降の下請契約などは最初

の元請業者に許可行政庁が指導とか勧告などの監督

などをする。昨今、申請や届出のときに幾多の監督

を申請時など周知期間なく受付拒否行う行政庁制限

があるらしい。それでは元請も、下請契約できまい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0