見える化はPR

昨今「見える化」という透明性が優良企業、組織の

エッセンスになっている。業法13条は書類「閲覧」

制度である。当方は、この許可申請届出制度が近年

優れた法令を持っている、と感じたのは、この条文

があったからに過ぎない。他にも消費者や取引相手

に「見える化」ということは産業規制法を逆に活用

したら組織の無料宣伝効果がある、と思う。当方は

「創造」という言葉が、好きである。どんな仕事も

地位でも自ら考えて、知恵を絞り堂々と「見える化」

をすればいい。周りから賛同得なければ排除され、

賛同されれば賞賛される。法令であろうが、多くの

方に意味、内容の根拠が「見える化」でなければ、

無視される。業法第13条は「提出書類の閲覧」で

ある。これは自治事務となる以前より都道府県には

あった気がする。当方、東京都広報室で閲覧条項を

閲覧した記憶がある。都道府県は条例といい、法律

の次である国の政令と同等である。昨今、地方分権

が始動し始めている。地方自治体活力が盛んになる

と、その責任も増す。折角の行政助成の「見える化」

である。無料自社宣伝広報「閲覧」を、どう活用か。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0