大岡裁きと「仲裁」

徳川幕府政権は250余年も続いた。これは家康が

勧めた儒学思想学問が、大名、旗本の中に根づいた

からだと思う。この時代中期、元禄バブル末期から

享保規制厳正期の間、つまり五代将軍綱吉から八代

将軍吉宗までトントン拍子に、出世した「仲裁」の

達人がいる。大岡越前守忠相である。当初、書院番

であった彼だが関東大震災級の災害、元禄大地震後、

江戸の街を復旧する普請奉行となり南町奉行に出世

した。すなわち彼は行政、司法そして政治の三権を

経験した。町奉行時代の話が、幕末、明治、現在と

大岡裁き、大岡政談として、芝居や小説などになる。

最終的に吉宗将軍の目付という幕府政策官僚に出世

した。さて業法第25条の18(仲裁の開始)は申請

主義であることを述べている。業法第25条の19

(仲裁)は先週説明した通りである。ただし、これは

「あっせん」や「調停」と異なり和解後紛争を予定

している。具体的にいえば「仲裁判断」が審査会で

下りれば、それが裁判所の証拠書類となる。業法第

25条の20(文書及び物件の提出)の審査員が行う

文書などの提出で最終判断は大岡裁きの現代版だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)