施工技術の確保

多少まともに法解説を書く。この法令第1条目的の

一部「建設工事の適正な施工を確保」を述べたのが

第四章「施工技術の確保」という。還暦過ぎ高齢な

当法令は「の」条文が多い。読みづらいが首肩腰膝

の仕組みは頑丈なのでご容赦願いたい。躯体を修繕

すれば廃棄物が出る解体をしなくて済む。現行法令

は多過ぎる。これからの世の中は簡素で平準に成長

していくのだからだ。わが国は「匠」の得意な民族

だと思う。「施工技術」は多くの文化遺産を生んだ。

それは四季ある自然がさせた。自然は災害連れだが、

都市予防計画で整然と守る。破壊してはならない。

業法第25条の27(施工技術の確保)は建設関連法

の講習実施などを行うこと、とある。この指定講習

機関などは官および民すべてより広く一般競争入札

で行うべきだと考える。現在、「講習機関」や「監理

技術者資格者証」などのことは次条以下にあるので、

後述するが、非常に複雑な条文の組み立てである。

まだ「の」条文のほうが、スッキリする。尚、各社

第25条の27を「努力規定」と自覚。第四章は、

当法の目的を技術者育成と読めば訓示したわけだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0