一汁三菜の和食

世界文化遺産では先日「富士山」がなった。これは

カタチの有るもので有形というらしい。無いものは

無形という。当然の文言である。その世界無形遺産

に、わが国の「和食」が選ばれた。過去に「歌舞伎」

「祇園の山鉾祭」などカタチ無いものが登録されて

いる。ところで「和食」と言っても広い。一般的に

「和食」とは日本食を表し懐石料理から丼物や麺類

など究極に広い。今回は一汁三菜の庶民食らしい。

一汁三菜とは、一杯の汁に、主食ご飯一菜に、副食

焼き物、煮物、漬物などから二菜選ぶ説が有名だ。

業法第26条の2は標題が無い。内容は土木、建築

一式工事を行う場合でも、その中に専門工事が入る

ことがある。たとえば電気工事である。この工事の

配置技術者は、専門的技術を持つ者でなければなら

ない。すなわち「和食」でいえば一式工事が主食の

ご飯一菜である。また専門工事は副食のオカズ二菜

である。合計三菜で腹が喜べばいい。ただし、昨今、

三菜の値段があがり、どうも身体が、不調である。

「和食」が世界に通用しても、手抜き「食材」では

虚偽である。お国の腹が痛ければガマンか。不調!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0