毎年の経営事項審査

小さな秋の香りを楽しむ時期。もみじも綺麗である。

散歩をすると空気がやさしい。毎年だが秋が更ける。

第四章の二「建設業者の経営に関する事項の審査等」

と代わる。第四章の二ができたのは昭和36(1961)

年のことである。加入趣旨は、公共工事の入札参加

制度の合理化である。合理化とは、統一的で客観的

なことを中央がシステム化する、ということ。要は

各発注機関が指名入札参加であったゆえに施工規模

と施工技術者に見合った受注額(現在のXZなど)の

基準評価が必要であった。現在からすれば素朴だが

流動比率挿入の「経営事項審査(経審)」が始まった。

申請行為である。従来の「施工能力審査」を業法に

法制度化した。技術施工能力が先にあった。ここに

経営評価が加入されたのである。わが国昭和36年

高度成長期である。昭和39年東京オリンピックを

控え建設箱モノラッシュだった。現行業法第27条

の23(経営事項審査)が、他の条文で産声をあげた。

62年改正Y(経営状況分析)が堂々入り「技術と経営」

になった。平成6年改正でW(社会性その他)が登場

現在の原型である。そう!経審は毎年継続なのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0