師走も帳簿保存

昔は師も走るほど交通が不便だった。今は電気通信

の世で師は眼が廻る。首都東京は地下に網目の如く

二段、三段と下に鉄道が走る。同様、上にはツリー

なみ高層ビル群が光を放ちあう。高潮級の災害など

の防災に対応、地盤は安全なのだろうか。とにかく

昨今の算盤勘定は実に優れているらしい。国家勘定

方は会計法と予算決算令(予決令)にて、公共工事の

予定金額などを決めている。また、業法第40条の

3(帳簿の備付けなど)には当然、建設業者は法令に

基づいて遵守している。この意味は、営業所ごとに

「施工体制台帳」という帳簿を作成保存することだ。

行政庁の立入調査があるからという問題ではない。

自らの業界や業で暮らしを養う職員下請も二の次だ。

地下鉄、ビルなど公共施設を利用する一般消費者の

ためなのである。それでこそ「公共工事」といえる。

公共工事の内容は確かに地域と規模によって異なる。

首都圏など大都市例は、上記、地下鉄道工事、ビル

築造工事などのインフラ整備である。小さな工事は、

わが国文化を守るための「曳き屋工事」などがある。

時代帳簿の備付けは国土省令などで変動的にかわる。




木製科目印 工事費
株式会社オゴウ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 木製科目印 工事費 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0