公共の錯誤と嘘

特殊法人日本放送協会(NHK)は公共放送である。

しかし、紅白歌合戦の視聴率、数年低迷、という。

大晦日恒例生中継の看板番組だが、まぁ、見ない。

当方も公共放送という風習にて口座自動引き落とし

で支払ってきているだけだ。確かに地震などの災害

時に必要な放送局であろう、と思う。ただし災害が

日々あっては困る。仕事や家事に疲れた国民が見る

放送の尺度が視聴率だ、と思う。民放にない娯楽の

追求である。なぜ民放のサザエさん、笑点、が長く

視聴率を保っているのか、なのだ。もちろんNHK

の公共的在り方を否定はしていない。選挙や事件が

あったりすれば、信ずるに足る情報を公共の使命や

有料の対価として聴視者に流す。「錯誤」し得ること

はあっても「嘘」はつかない。もちろん民放各社も

そうだ。しかし「錯誤」と「嘘」の差は実に難解だ。

サザエさんという漫画の虚構も笑点大喜利のシャレ

も真っ赤な嘘である。同じテレビで流れる娯楽番組

が公共か否かの区別は聴視者にはつかない。業法第

50条は許可申請・許可届出など厳しい罰の「錯誤」

と「嘘」区別なので充分理解し虚偽記載を予防する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0