壊すときの賛美歌

聖書はクリスチャンでなくとも読む、と気持ちが休まる。

賛美歌は冠婚葬祭の贈る言葉である。数曲暗唱して

いる。弟は音楽の点数が良かったから、結婚式でも

賛美歌を主賓のように唄う。文書と文章は異なる。

従って法令用語と日常用語は異なる。ゆえに、通訳

が必要になる。特に密接であるべき住民と行政窓口

の間は近くて遠い。例えばここ数年全国的に空き地

空き家が多い。そこに、だれかが侵入しゴミを放置

する。「家」を放置するのは個々家族の在り方が変貌

したかも知れない。一方自然災害などで「土地・家」

放置という場合もある。民法契約形態は難解なのだ。

折角「売買契約」で購入した「家」である。壊さず

リフォームする時代に変わった。リフォーム工事を

法令用語で「請負契約」という。「家」を消費者市民

は「注文書と注文請書」で契約をする例が、頻繁に

多い。消費税課税駆け込み需要である。「家」を壊す

ときは賛美歌を唄いながら「委託契約」された産廃

業者の所作を見る。ところで「注文書と注文請書」

と各「契約書」の違いである。後日紛争裁判所記載

など「約款」を文書双方合意か将来瑕疵見えるか!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0