分析せよ!罪と罰

フィヨードル・ドストエフスキィーは旧制ロシアの

作家だ。人は罪を自覚しないことが多い。従って、

「罰」が必要であろう。最後の第八章は「罰則」で

締めくくる。人は我欲という悪魔と善意が共存する。

日々起こる事象に心の中で戦う。社会的にみて、悪

が善に勝ち、それが明瞭化すれば「罰」を受ける。

その基準を面倒だが策定した。「罰則」という概ね、

規制法令にはある。重ければ、懲役刑などの刑罰、

軽くても、過料などの秩序罰である。この「罰則」

が最後の章にあるのには理由がある。前章までの

条文のいずれかに該当するからである。それと「罰」

は2人のヒトに掛かることがある。法人と自然人で

あるその役員などである。これを両罰規定という。

業法第45条と業法第46条は公共工事を受けたい

建設業者が、先に受審する「経審」前に「経営状況

分析」を行う機関の「罰則」話、である。興味ない

方は、このあと読まずに結構である。しかし、前述

した法人と役員など両罰規定がある。懲役刑と重い。

尚、公務員なみに刑法上の幾つかの収賄罪もある。

 「登録経営状況分析機関」の経営分析にも必要だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0