分析せよ!罪と罰

フィヨードル・ドストエフスキィーは旧制ロシアの 作家だ。人は罪を自覚しないことが多い。従って、 「罰」が必要であろう。最後の第八章は「罰則」で 締めくくる。人は我欲という悪魔と善意が共存する。 日々起こる事象に心の中で戦う。社会的にみて、悪 が善に勝ち、それが明瞭化すれば「罰」を受ける。 その基準を面…

続きを読むread more