正月は実家の住まいへ

五穀豊穣は日本食文化である。その年、収穫した米

 など五穀を食べ豊穣を祝うことを「正月」という。

その目出たい「正月」をどこで、だれが集り祝うか

である。どこで、は父母の「住居(住まい)」(実家)

だろう。結婚した者は互いの実家往来が肝要である。

だれが、集るか、は基本的に家族である。わが国は、

本来「神道」だ。「歳神」さま、なる先祖が正月中に、

空から降りて居座る。豊穣を喜びたいわけである。

年を跨いで祝う、のは不思議に思う方もいるだろう。

「旧暦」では、これを、当然の「しきたり」とした。

昨年「和食」が世界遺産となった。「住」が多いのは

日光東照宮、奈良法隆寺社寺とか姫路城など宮大工

による建築物の「技」だ。「正月」は当方蔵書である

「日本人のしきたり」(飯倉晴武著/青春出版社)を

参考に書いて見たい。昨今「しきたり」という常識

を忘れがちな社会だ。未来への提言でもいい。若者

と同様な活動は、できない。また若者のマネをして

も滑稽危険である。それぞれの世代に見合った職場

「技」がある。「住」の前道には坂がある。扉を開け、

あけましておめでとう、と、実家家族の声が響く。




「間取り」の世界地図暮らしの知恵としきたり (青春新書インテリジェンス)
青春出版社
服部 岑生

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「間取り」の世界地図暮らしの知恵としきたり  (青春新書インテリジェンス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0