"悲哀"の道程

元下請負のムダな重層構造はガイドライン適用実施

などで正常に戻った。が人不足も生じた。放たれた

政権第三の矢は戻らず「成長戦略」となるか。以前

公共請負契約工事で発注者受注者に片務的な時代が

あり「官尊民卑」と建設業団体史を参考に後述する、

と述べた。そこで建設業団体史は建設省15年小史

など建設関連団体企業の書物、冊子を参考文献にし、

建設業法案策定者の一人、内山尚三法大名誉教授が

平成9(1997)年5月晩年に書かれた共鳴部分を以下

抜粋。「(前略)請負制度を基本として近代的な建設業

へと歩み始めたのが明治初年のことであった。今日の

巨大産業は、一世紀余りの歩みによって形成された。

しかしいかに基幹産業の座をかち得たといわれても

建設業にまつわる"悲哀"は今も内在している。その

最たるものは片務性という一事に集約されるだろう。

受注産業という業態が受け身といえば聞こえがいい

が実際には"弱者"の立場に追いやられ発注者との

間の契約システムにおいて片務性というハンデキャ

ップ(中略) 建設業の歩みは双務契約確立を期した

闘いの道程(後略)」、という箇所である。さぁ改正だ。




MCC・万能バサミステン・SUSMU−02
送料0円 家具
【用途】紙製品やステンレス板など切断できるカッタ。【機能・特徴】金属部分すべてにステンレス鋼を使用し

楽天市場 by MCC・万能バサミステン・SUSMU−02 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0