2・26は人災

災いには大きく分けて天災と人災がある。天災は恒

に予防していても限りがある。最近の東日本大震災

(3・11)や中越地震、阪神淡路大震災(1・17)

が平成の事件だろう。また、今冬の雪害は、わが国

政治行政の永久課題である。ところで人災は予防が

可能である。人災の代表といえば大東亜戦争(太平洋

地域に限れば「太平洋戦争」ドイツ、イタリアとの

同盟をもとにすれば「第二次世界大戦の一部」)で

ある。その弾きがね、となったのが外交、経済での

諸外国との折衝である、と、かつて高校で習った。

国家と国家の契約である「条約」を遵守することは

大切である。しかし、相手の国家があることである。

かつて、卒論で「2・26事件」を書いた。芥川賞

作家松本清張の文芸春秋社「昭和史発掘」シリーズ

の面白い本に魅了されたからだ。簡単にいえば昭和

11(1936)年2月26日未明に皇道派といわれる陸海

軍の一部部隊が外交経済での国策に反対し、首相官

邸、警視庁などを、襲撃占拠、蔵相など大臣を暗殺

した内乱(テロ)であった。これが戦争への弾きがね、

という通説を、疑義発掘と書いた気がするからだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0