風雪"官尊民卑゙との戦い

土木建築業組合は全国各地に存立していた。大正8

(1919)年秋のことである。この組合対象に全国組織

ができた。名称は「日本土木建築請負業者連合会」

である。創立委員は松村雄吉、鹿島精一、清水釘吉、

戸田利兵衛、鴻池忠三郎、大林義雄、安藤徳之助ら

23名で200名超全国建設業者が創立総会に集った。

当時わが国領、韓国京城、中国大連から業者が参加

した時代風景だ。この全国団体結成動機は①被選挙

権の制限②営業税の改正③保証金制度の改正である。

詳細は後述する。簡単にいえば、当時の建設業界は

社会的地位が低かったわけである。公共請負工事も

片務的で「官尊民卑」と建設業団体史では述べる。

当時、珍しい東京帝大出の学士、菅原恒覧を会長に、

副会長に大林義雄、清水釘吉を選任した。この母体

となったのは東京と大阪の土木建築業組合である。

建設業団体史では「土木建築業組合は文字通り土木

と建築を含んでいるだけでなく業容の大小にも関係

なく門戸が開かれていることである。土工協といい

建築業協会といい(中略)エリート集団であるという

点が特性(後略)」とある。基点であろう。今また!




神沢・ケレンスクレイパー700・K−734
送料0円 家具
【用途】剥し作業スクレィパー。【機能・特徴】コンクリートの表面の付着物はがし作業にご使用いただけます

楽天市場 by 神沢・ケレンスクレイパー700・K−734 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0