士業の試練

明治という時代は士業に不要な刀と髷を捨てさせた。 官公署役人になった者は従来通りである。そう禄高 同様の給金が藩主でなく国または地方公共団体支給 に変わっただけだからいい。役人不採用者は筆で、 生きる「代書人」と呼ばれた職に付く事が多かった。 明治期「代書人」には、行政書士、司法書士などが いる。名称…

続きを読むread more