登録免許税と許認可行政

公の機関が許認可権利を与えるため税納付義務を要 する。また、許認可等に条件を付することもできる。 登録免許税法(昭和42年6月法律35号)第2条では 課税する許認可等を次のように分けている。登記、 登録、特許、免許、許可、認可、認定、指定及び、 技能証明である。そして、これを「登記等」と省略 している…

続きを読むread more