土工組合の発足

明治期東京での組合発足は「東京左官職組合」と、 いう。明治16(1883)年のことである。当時東京府は 明治11(1878)年15区に再編成されていた。また、 神奈川県から三多摩(北、西、南各多摩)が東京府に 編入された。15区が東京市で三多摩は郡の一部と, なった。明治26(1993)年のことである。従っ…

続きを読むread more

建設業団体史を読む

内山尚三博士といえば建設関係では著名な方である。 工事請負を学ぶ方や仕事に携わる方であれば、その 功績を知っている。当方で所有する「建設業団体史」 【㈱建設人社/平成9(1997)年5月14日】序文 で晩年の氏は札幌大学学長を辞め法政大学名誉教授、 建設調査会理事長であった。なぜ内山博士を著名人 とい…

続きを読むread more

随意契約

ものごとには原則、例外その外がある。その外は、 随意契約(随契ズイケイ)であろう。公共契約、約款 でも公法上の用語定義が明確でない。判断は非常に 難しい、と神奈川県鎌倉市「随意契約ガイドライン」 では述べている。確かに随契(ズイケイ)は、わが国 原則である一般競争入札契約方式の横に明治期より、 必ずあ…

続きを読むread more

3つの契約方式

一般競争、指名競争による契約の2つが公共事業の 方式である。時々、随意契約(随契ズイケイ)がある。 都合3方式。明治22(1889)年公布の明治会計法では、 一般競争入札契約方式が原則であった。すなわち、 入札に際し、保証金を受注者が提出するのである。 これは公共発注者に受注者が工事請負など施工点検 …

続きを読むread more

再検証!入札価格

国際的には「予定制限価格」(最低制限価格)は無い、 と先週末に述べた。まさか首相、関係閣僚がTPP 交渉で、経済鎖国を攻められたわけでもあるまい。 国の省庁その委譲機関や地方公共団体その委譲機関 などは公共発注機関という。毎年度の歳入に対して 歳出である公共事業を行う。そのもとになる法律を 「会計法」…

続きを読むread more

1世紀遅れの公共取引

暮らしの中で公共物を利用したことが無い、という 方はいないはずである。電気、水道、ガスなど生活 の原点である。統計を取ると福祉、税負担をあげる 方が多い。生活は税負担という歳入に対して、上記 公共利用物歳出への投資バランスが健全かどうかだ。 また環境保全やそのリスクも当然考慮に入れるべき だろう。建設…

続きを読むread more

文明開化の公共事業

250年近くの鎖国解除は安政5(1858)年だ。 現在でいえば禁止である規制許可を一定条件のもと に許した。解除条件は翌年に長崎の他、神奈川(横浜)、 箱舘(函館)の港が開かれたことである。参考資料は 「清水建設百八十年」(非売品/昭和59年6月)より 引用させて戴く。清水建設㈱前身、清水屋も喜助の …

続きを読むread more

夜明け前の建設業

現在スーパーゼネコンのうち江戸時代より江戸にて 創業の1社をあげたい。清水建設㈱である。当方の 事務所は内神田(旧鎌倉町)岩本町、現在の飯田橋と 千代田区内を移転した。清水建設㈱創業地は区内、 神田の鍛冶町である。現在も町名変わらない。ゆえ に焦点をあてた。「清水建設百八十年」(非売品/昭和 59年6…

続きを読むread more

明治会計法から

正月に上戸彩主演の江戸期金沢藩料理調理人シネマ を観た。「良い魚を調達してくれ」と前田の殿様が、 いう。加賀百万石「和食」の代々シェフ家族の話で ある。シェフやその父母より「半澤直樹」から奥様 づいている彩ちゃんは、妙齢な年齢だ。エグザイル のヒロ君と結婚してホントの奥様になる。メデタイ。 「武士の献…

続きを読むread more

次期東京五輪主催知事はだれ?

わが国公共事業は各省庁公共調達毎年度予算をもと に決められている。現在都ではこれらは6年後五輪 予算が入る。公共発注者とは公共施設で費消の物品 購入,設計委託、工事請負などを各省庁、地方自治体 これらの委譲長で、明治時代法制化である。これを 新たに戦後「会計法」(昭和22年3月31日法律第 35号)予…

続きを読むread more

地方拠点で官民連携

阪神淡路大震災から数えで20回になる。災害教訓 は「予防」を教えた。だが、事後被害解決である。 わが国国民である。実質被災が来ないと「官民連携」 とか「官官連携」をしない。官とは公共事業を民が 委ねた方々である。公の僕とといわれ社会を担って きた。それに甘えていたのが民である。また、逆に 官も民との連…

続きを読むread more

今年改正か建設関係法

地方分権が施行されて久しい。一般庶民は、それは  まだ、と思っている。現在から20年以上前に議論  は起こった。そして平成12年4月1日地方自治法 改正で「地方分権一括法」が施行された。これは、 「地方拠点都市地域整備促進法」を同時に策定実施 された。今回アベノミクスでいう地域版「成長戦略」 である。…

続きを読むread more

独特な経審は公共事業で

平成26年正月である。キリスト復活祭である西暦 2014年でもある。さてわが国の公共事業が法制度化 されたのは明治22(1889)年である。俗に明治 会計法という。フランス、イタリアなど欧州諸国を 参考に策定されている。文明開化が、わが国国土や 建物基盤への整備を即した。また、この年は大日本 憲法が発…

続きを読むread more

成人は成年か

成人成年とは年が成り人に成る日をいう。だが年齢 基準は古来より一定ではない。先の戦争後、祝日法 が決まり20歳を成人式という祝日で踏襲している。 年が成るから成年。人に成るから成人。この曖昧な 法律文書に象徴される。平成12 (2000)年正月過ぎ 祝日入り三連休にした。正月2週目の月曜日で今年 は1…

続きを読むread more

めでたい正月行事

正月各家のしきたりは松の内に多い。松の内とは、 年末から「門松」「しめ飾り」を玄関に飾り神仏を 招き入れるための正月支度である。各地域や都市部   農村部ほかにより方言ともども異なる。まさに慣習 である。そして、この片付けは3日、7日、11日 諸説がある。さて、そこで「門松」「しめ飾り」は 現在でいう造…

続きを読むread more

恵方は干支から

日本人は方角方位にこだわる。当方属する会も易断 所編纂冠婚葬祭用「恵方」(エホウ)など冊子を年末 毎年送ってくる。内容は「干支」(エト) 十干十二支 が入り、西暦付きだ。特に年齢早見表は便利である。 若い頃このようなものは余計だ、と思った。確かに 無くても不自由はしない。「恵方」は年明け方これら 易学…

続きを読むread more

初夢や日の出抱いて初詣

正月行事は年の初めに自分を含めた社会が、行う。 当方は、これ一式を世界文化無形遺産に登録しても いい、と思っている。日本人という人種は、再生も 嫌いではないが「初」を、好む。「初日の出」とは、 「ご来迎」ともいう。今年も太陽が歳神様を連れて きて、あとで迎えにもくる。この「初日の出」は、 いつかである…

続きを読むread more

旧暦七草の若菜

便利な世になった。新年を迎えても旧年から培った 信念を忘れてはならない。暦(こよみ)の意味である。 暦、というと史学とか思想哲学的に感ずる。しかし、 天文学である。地球儀を見て、信長ビックリ仰天の 太陽公転なのである。我々の住む地球が自転しつつ 太陽の周りを回っている、ということを自分中心の 人々に信…

続きを読むread more

正月は実家の住まいへ

五穀豊穣は日本食文化である。その年、収穫した米  など五穀を食べ豊穣を祝うことを「正月」という。 その目出たい「正月」をどこで、だれが集り祝うか である。どこで、は父母の「住居(住まい)」(実家) だろう。結婚した者は互いの実家往来が肝要である。 だれが、集るか、は基本的に家族である。わが国は、 本来…

続きを読むread more

輪と和の矜持

京都清水さんの書く文字はうまい。「輪」が、本年の 漢字となった。「輪」となったのは、オリンピック・ パラリンピックの東京五輪が7年後に決定したから だろう。五輪は世界平和のためだと幼少学校で教示 された。教育は極めて基本的な原則を生徒に教師や 家族や社会が教えなければならない。そこで、矜持 (きょうじ…

続きを読むread more