協会けんぽの出産育児一時金の支給額と支給方法が変わります

平成21年10月から出産育児一時金の支給額支給方法が変わります。

(ただし、※産科医療補償制度に加入する医療機関等において
出産した場合に限ります。)

◇支給額

被保険者やその被扶養者が出産したときに支給される
一時金が、38万円から42万円に引き上げます。


◇支給方法

現在は、原則として出産後に、被保険者から協会けんぽへ
支給の申請をしていました。

平成21年10月からは、出産にかかる費用に直接充てることができるよう
協会けんぽから医療機関等に直接支払う仕組みに変わります。

出産時に病院に支払う費用の全額を、事前に用意しなくてすみます

また、かかった費用が支給額の範囲内であった場合には、
差額分を出産後に協会けんぽへ請求することもできます。

逆に、かかった費用が支給額を超える場合には、
その超えた額を医療機関等に支払うこととなります。

そして、医療機関等に直接支払われることを望まれない人は
従来の方法を利用することも可能です。
この場合は、医療機関への支払いを一旦自分で負担します。

↓協会けんぽのページはこちら
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/8,24316,39.html

出産育児一時金の支給額は、今年の1月にも変更がありました。
35万円から38万円への増額変更でしたが、
その対象は、今回と同じように
産科医療保障制度に加入している病院での出産でした。

制度加入している病院だと費用もやや高額だと思いますが
安心して出産できる病院選び」の選択肢を増やすことに
繋がるでしょう。

産科医療補償制度とは、妊婦さんが安心してお産できるように、
分娩機関が加入する制度です。
加入機関でお産すると、万一、分娩時の何らかの理由により
重度の脳性麻痺となった赤ちゃんとご家族の経済的負担が補償されます

詳しくはこちら↓実際に病院を検索できます。
http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/search/index.php

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)