基準1の1:彼女が囁く経管と役員の違い

もう夏休みで多くの子供は、宿題が佳境であろう。

そうだ、彼女が囁いた「経管」と役員の違いの学習

「基準」「条件」などの宿題を忘れていた。「の」で

補填する。1980年頃の業法第3条「建設業の許可」

は、実に素朴である。だが、世紀末から現行に至る

まで、第3条の2「許可の条件」という「の」の

条文は実に難しい。法令を理解できなければ遵守は

できない。たとえば技術検定試験問題にも原則法規

「建設業法」の重要部分は必要だ。少なくとも4つ

許可の「基準」は、軸の一つだ。「基準」なので、

行政庁の「条件」で異なることはない、と思うが、

異なる、と考える方がいた。「基準」の一つである

経営業務の管理責任者(経管、ケイカン)はすべて、

経営執行役員(組織執行者)とは限らない、と続けて

いう。海外経営経験長期の方はどうなる。当方は、

規制法の典型的な良い部分と思っている。ある程度、

裁量的要素を交えないと紛争だらけになる。ただし、

この裁量権が許可「条件」を付す行政側の権力集中

にならぬよう恒に第三者の申請手続人行政書士、と

「基準調整」するべく過去に努めた、と彼女は囁く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0