「準ずる者」「準じない者」

暑いからサッパリ目の食事を取りたい。つい冷たい

ものがほしい。しかし熱い発汗食事が身体にいい。

なるほど暑さに準じない熱さを「正」とするわけか。

でも「準じない者」としても、逆で冷たい食事も、

用意しておく必要もある。行政サービスの第二関門

である関所手前の茶屋であろう。この冷たい用意を

「準」「準ずる者」という。別に身体の気遣いなど、

考慮しない。四軒茶屋の1基準である。従って当初、

法制定者は経管(ケイカン)の「準ずる者」は本来、

好ましくはない、という意図であったのではないか。

「準じない者」の法人例示としては、役員である。

①事業協同組合など組織の「理事」他業務執行社員

②営利会社の「取締役」で当初あったが③「執行役」

が加わった。これらは5年経験、現在営業所常勤で

ある。経管になれる「正」「準じない者」で文句ない。

個人例示は④申請者個人事業主、その支配人。さて、

「準」「準ずる者」は、上記①②③④の補佐をした

経験「補佐経験」と申請業種以外経験「他業種経験」

の2種類ある。経験7年必要で、現在常勤である。

尚、過去常勤や「執行役員」は後述する。が暑い!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0