キャロラインを独占したい

東京生まれなのに初めて、はとバスに乗った。その

とき馬場先門辺りで、案内嬢が言った。今でも皇族

以外に馬車に乗り皇居に入れられる人の話である。

各国大使が天皇陛下と謁見するなどだ。その馬車を

独占したのは、誰あろう、あのキャロラインである。

今から50年前、昭和38 (1963) 年11月に

ダラス市で狙撃された第35代アメリカの大統領、

ジョン・Fケネディ(略・JFK)の幼な娘が父葬送

の日、哀れに遊んでいた。当時の5歳キャロライン

駐日大使なのだ。JFKの実行犯とオボシキ者は、殺さ

れた。他国の事件だが、JFK暗殺事件は未解決で

ある。当時JFKはわが国民になぜか人気があった。

それは、その若さである。死亡時46歳は、さらに

わが国民の心に響いた。さてアメリカの要求が怖い。

怖いといえば独禁法(私的独占の禁止及び公正取引

の確保に関する法律)の第19条である。すなわち、

契約取引において不公正なことを行うと課徴金対象

となる、ということ。詳しくは元下ガイドラインの法令

遵守を見る。業法第42条(公正取引委員会への措置

請求等)キャロラインが請求する基地問題は、さて

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0