業者娘お七の刑

江戸時代に有名な火事の罪人といえば八百屋お七で ある。なぜか罪人なのに「お」という敬称を付けた。 疑問だ。彼女は火あぶりの刑という死罪。当時15 歳―17歳といわれる。以上、実話で、この火災は 天和2(1682)年12月に駒込で起きた。恋の話 は後世、芝居、映画、ドラマ、読み物で美化された もの、と当…

続きを読むread more