文明開化の公共事業

250年近くの鎖国解除は安政5(1858)年だ。

現在でいえば禁止である規制許可を一定条件のもと

に許した。解除条件は翌年に長崎の他、神奈川(横浜)、

箱舘(函館)の港が開かれたことである。参考資料は

「清水建設百八十年」(非売品/昭和59年6月)より

引用させて戴く。清水建設㈱前身、清水屋も喜助の

娘に婿養子を迎えた。愛弟子の藤沢清七(二代目清水

喜助)である。彼は事業承継した江戸末期に幕府より

諸外国公館が品川御殿山に設置されるので、外国人

居留ホテル施設「築地ホテル館」施工を請け負った。

明治6(1873)年6月日本橋南詰の駿河町に創立

の第一国立銀行(旧第一勧業銀行/現みずほ銀行)も、

請負うことになった。明治14(1881)年、二代

喜助は逝去した。その後継者として、その娘婿養子

に三代目満之助が29歳でなった。ところが、彼は

欧米視察を終え帰国した明治20(1887)年35

歳で急逝した。初代二代で築いた建設請負業を設計

監理の域まで向上させようとした人であった。その

後やっと明治22(1889)年、入札契約は法制化

された。「明治会計法」である。先の敗戦まで続く。 




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0