旧暦七草の若菜

便利な世になった。新年を迎えても旧年から培った

信念を忘れてはならない。暦(こよみ)の意味である。

暦、というと史学とか思想哲学的に感ずる。しかし、

天文学である。地球儀を見て、信長ビックリ仰天の

太陽公転なのである。我々の住む地球が自転しつつ

太陽の周りを回っている、ということを自分中心の

人々に信じさせるのは大変であった。現在は、新暦

(太陽歴)のカレンダーである。明治5(1872)年に

改暦され翌6年より施行された。その暦は国際共有

できる。太陽の公転をわかっていたはずの信長から

300年わが国の国際化は遅れた。では改暦される

前の「旧歴」(太陰暦)とは、簡単にいうと、新暦の

約1ケ月前とみればいい。従って「正月」は12月

の初旬である。長年の慣習「しきたり」とは、人の

癖に似て良くも悪しくも治らない。たとえば「七草」

(ななくさ)は秋、収穫した豊穣の野菜を正月七日朝

食べる粥が江戸時代の食文化となった。「七草」は、

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・

スズナ(かぶ)・スズシロ(大根)。この若菜は胃腸の腑

に良いからなのか、伊勢神宮では神々に供えている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0